【夕張映画祭】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭--参加1日目--

※個人的に日記として残していた文章なので

表現に雑な所や間違いなど、たくさん出てくると思います。

ご了承ください。

 

 

そして基本的に否定的な文章になっていますが

今見返して自分でもビックリです!!笑

ただ、その時疲れていたり一人旅特有のストレスとか状況分かりやすいので

そのまま載せます。

不愉快な気分になる方いると思うので

そういうの嫌な人はスルーでお願い致します。

 

あと、写真消してほしい等あればご連絡ください。

すぐに消します。

erydeathblogアットgmail.com

アットマークを差し替えてください。

 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭--参加1日目--

f:id:erydeath:20160225185049j:plain

 

10:00

出発

前日早く帰ろうと思ったら

帰宅が2時過ぎになってしまい

準備もしていなかったので結局寝たのが4時

7時に家を出ようと思ったけど

スケジュールを見たら13時着でも良さそうだと思い

遅く出る事に

 

10:10

コンビニでチケットを買おうと思ったら

もう買えなくなっていた

パスを買いたかったのでどうしようと悩んだが

取り合えず行ってみたら何とかなるでしょうと

ピンチピンチチャンスチャンスランランランと

一発歌って出発

セイコーマートに寄って2泊3日分の食料と飲み物を購入

カップ麺やパンなど

 

12:45

夕張着

まず駐車場が分かりにくくて困った

結局1番会場に近いところに止めたが

結構混んでいた

普段は市役所の駐車場らしい

パンの余りと飲み物をかばんに入れて

会場へ出発

 

f:id:erydeath:20160225184827j:plain

 

12:55

アディーレ夕張会場

が、全然分かりにくく

どこで何があってどうしたら良いのか迷った

スタッフの方に聞いて券を販売していないか確認したところ

事務局で販売中との事

f:id:erydeath:20160225184948j:plain

アディーレ夕張の4階にある事務局へ行き

無事にパスを購入

これで一安心

 

f:id:erydeath:20160225184949j:plain

 

13:00

パスを購入したはいいけど

見方がいまいち分からない

場所も分かりにくかったが

見ようと思っていた作品が上映される場所へ行くと

満席の文字があり

1番大きな会場でまだ席が空いているということで

見ようと思っていたものでは無かったけど

取り合えず時間つぶしに入ることに

f:id:erydeath:20160225184950j:plain

 

13:30

アディーレ会場の大ホールにて

ヴィンディーゼル主演のリディック:ギャラクシーバトル』

を流れで見た

普通に映画館では絶対に見たくない部類の映画で

グロテスクなCG作品で見ていて疲れた

エイリアン系はやっぱりあわない

終演後は特ダネの笠井さんが登壇していたけど

めちゃくちゃラフだった

これは何とも言えない感じ

この時間はショートフィルムを見ようと思っていたが

実はすごく狭い、50人は入れないくらいの会場でやっていて

すぐに満席になってしまった様

映画祭だけあって、ショートフィルムの方が人気が高いのに

会場が狭すぎるのではと正直感じた

ホワイトロックも50人くらいのキャパ

ここで舞台挨拶は出演者にも失礼だし

立ち見も出てるんだから

もう少し大きなドームにしても良いのでは?

と率直に思う

 

f:id:erydeath:20160225184951j:plain

 

16:00

リディックが終わり、南極料理人まで時間がかなりあるので

17時からの映画音楽ワークショッップに参加することに

トイレがすごく狭く、3つの会場があるのに

女子トイレは2つしかなく

結構待たなければ行けないし

施設が古過ぎてトイレの鍵が壊れていた

市の持ち物ならもう少しなんとかしたらいいのに。。

トイレに15分以上かかり

それでも17時まで若干時間があったので

周囲を探検

f:id:erydeath:20160225184953j:plain

もう少し出店や屋台を出しても損は無いんじゃないかと感じた

アディーレ内のレストランでは生のジャズバンが演奏していて

ここでは地元の人が色々売っていたり

休憩所になっていた

独りでは座れそうにない雰囲気だったので退散

 

17:00

アディーレ内シネサロンにて

『映画音楽ワークショップ~今村左悶の世界』

に参加

f:id:erydeath:20160225204933j:plain

参加者は30人くらい

映画関係者が多い様

色々聞いていたけど、今村さんという人は

川の底からこんにちはの音楽を担当していて

映画音楽ではまだ食べれていない10年目

楽譜はかけない音は当てれない

でも映画音楽は出来るという話から始まり

佐村河内は音楽監督としてはすごい

あの指示書があれば作れると言う話

音楽知らないんですよねって依頼の時に言う人に

そんなん分かってるから言うなって思う話

それは自分たちの大先輩が音楽に口だすな風を吹かせていたのが

原因だという話

結局今村さんの将来的なビジョンに関しては何話したいんだか

話が迷走しすぎて分からなかったけど

まだ道半ばで、それだけでは食べて行けてないってことだと思う

時間つぶしで入ったけど

話は45分くらいで終了

次は19時からなのに。。

まだ1時間あったので車に戻る

 

18:00

車に戻ってパンを食べながらコナンを見る

18:30位に行けば並べるかな~と思い

30分車で休憩

外は真っ暗で駐車場に明かりが無いので

本当に真っ暗

まだ車はたくさん停まってる

f:id:erydeath:20160225185017j:plain

18:30

ホワイトロックという、サッポロシティジャズホワイトロック

30分の1くらいのホワイトロックにて

南極料理人 上映会&トークショーに参加するべく

30分前に並べば入れるかな?と思ったら

もう開場していて

余裕で入ることが出来た

その後ぞくぞくと人が集まってきて

結局立ち見の人が結構な人数になった

ホワイトロックの中は足下以外は暖かく

テントのわりに心地よい感じ

シティジャズと同じく音漏れがすごい

キャパは50人ほど

 

f:id:erydeath:20160225184955j:plain

f:id:erydeath:20160225185004j:plain

 

ホワイトロックはエントランスと上映会場の2つが

雪だるまみたいにくっついて出来ていました

小さいホワイトロックと大きい奴

 

f:id:erydeath:20160225185005j:plain

 

エントランスの暖房器具はこれ

確かに無いよりは良いけど、足下は激寒!!!

ちなみに靴下は3枚重ね

 

f:id:erydeath:20160225185006j:plain

 

会場は結構ゆったりしていて、椅子も座り心地よかったです

ただ、段差が無いので、自分よりも大きい人が前に来ると

少し見にくいかも。

上の写真は私から見た目線です

 

f:id:erydeath:20160225185008j:plain

上映会場の暖房はこのストーブが2台ほど

足下以外は寒くはないけど、コートは脱げないかな?

でも、思っていた以上に温かかったです

 

19:00

南極料理人 上映会&トークショー』鑑賞

あの白いテントの中で見る南極料理人

すっごく雰囲気があって良かった

今回の映画祭で1番満足感が高い

以前テレビ放送で見たことがあったけど

あの場所で大きなスクリーンで見れたのは

すごく良かった

素晴らしい作品と改めて思った

監督のトークショーは裏話的な話が多く

飽きずに聞けて楽しめた

f:id:erydeath:20160225185010j:plain

北海道で撮影していて南極に見えるようにCGで色々消してるとか

最後の基地でのご飯は家族の設定で

いただきますの後は全部役者さん達のアドリブだったとか

ご飯は膨大な量が常に用意されていたとか

野球のシーンは網走湖での撮影だったとか

色々面白いトークが聞けたが

インタビュアーの女性が『なるほどね』が口癖で

かなり気になってしまった

ため口じゃん。。的な

 

21:45

ホテルにチェックインすべく移動

の前に、会場の目の前のスペースで

f:id:erydeath:20160225184958j:plain

トーブパーティーなる地元の人のおもてなし会

鍋とかおにぎりとかを振る舞う会をやっていたので見学

f:id:erydeath:20160225184959j:plain

f:id:erydeath:20160225185001j:plain

f:id:erydeath:20160225185000j:plain

 

お金は気持ちで入れてくださいとなっていたが

みんな1000円入れている様でした

f:id:erydeath:20160225185011j:plain

f:id:erydeath:20160225185012j:plain

f:id:erydeath:20160225185013j:plain

f:id:erydeath:20160225185014j:plain

f:id:erydeath:20160225185015j:plain

f:id:erydeath:20160225185016j:plain

お酒なども出していたので参加しようと思ったけど

ホテルにチェックインしなきゃいけないし

一人だと若干参加しずらそうだったので

写真だけとって退散

帰りは雪が降っていて綺麗だったけど寒過ぎた

f:id:erydeath:20160225185019j:plain

f:id:erydeath:20160225185018j:plain

ホテルに22時チェックイン予定を

少し遅れる連絡を入れて出発

映画祭周辺で唯一のコンビニ

セイコーマートに寄って総菜を買おうと思ったら

ほぼ無くなっていた。。

ここ周辺の人はみんなここ意外にコンビニが無いから

そりゃそうだと納得

春雨サラダとお菓子を買って栗山温泉へ出発

 

22:15

栗山温泉周辺到着

ローソンやセブンイレブンがやっとあった

マックスバリュもまだやっていたので行ってみたが

あまり品数が多くなかったので

チキンを食べたい気持ちを抑えてホテルへ行くことに

 

22:30

ホテルにチェックイン

travel.rakuten.co.jp

f:id:erydeath:20160225185020j:plain

部屋へ行くと1人には十分過ぎる設備で興奮

6畳の和室に2畳くらいのよくある窓際のくつろぎスペース

f:id:erydeath:20160225185036j:plain

驚いたのが和室に入る前の玄関的スペースが広かったこと

ここに冷蔵庫や電子ケトル、ユニットバスがあったけど

コート掛けも大きくて助かった

f:id:erydeath:20160225185037j:plain

温泉は12時までとの事だったので

まずご飯を食べてから行こうとカップ麺と

セイコーマートの春雨サラダを食べる

f:id:erydeath:20160225185021j:plain

お布団は引いてあったので

色々ポジションチェンジをする

 

23:00

温泉へ向かう途中にフロントへよって

『そばアレルギーなのでそばがらじゃない枕ありませんか?』

と聞いてみたら探してみますとの事だったので

お風呂上がりにまた寄りますって事にして

温泉へ

遅い時間なので誰もいなくて貸し切りになってしまった

冬の間は露天はクローズになっていて残念

この雪なら仕方が無いかな。。

サウナは22時まで

なので入れるお風呂は温泉と炭が入ったお風呂

温泉は泉質がすっごくトロトロで気持ちよかった

透き通った茶色いとろみのある感じ

ただ、滑る

お風呂の床が滑るので気をつけなければ

結構体が冷えていて、運転やら緊張やら

映画を2本も見たので体がこっていたけど

温泉に入ったら本当にすっきり

41度くらいだと思うけど

熱すぎなくて、30分くらい入ってた

体が温まって楽になったので部屋に戻る事に

 

0:00

部屋に戻る前にフロントへよって枕を受け取って

無事にそばじゃないまくらを持って部屋に帰る

浴衣では寝られないので

スウェットに着替えて布団に転がりながら

テレビを見始める

明日は7時起きなのでiphoneのアラームをセット

気がついたら寝てしまって

起きたら4時半で少し寒かったので布団に潜って2度寝

-------------------

 

すいません、自分でも驚くほどに文章が卑屈(笑)

この文を書いた当時、まぁ体が疲れていたり

色々あったのだろうと思います。。。

 

ホテルの方には本当に感謝です!

枕、ありがとうございました!!

そばアレルギーなので、そば殻枕だと

鼻血でちゃうんです>_<

 

人の有り難みも感じる1日目なのでした!

 

女子一人旅@北海道夕張映画祭編